2016年12月23日 / by admin

迷っているならなら電話しましょうか?賢く課題を解決してくれますよ

アフターサポートも重要ですよ

相続税の納税は単純でないのですが、適切な税理士にその業務を依頼して申告を完了してもらっても安心するのは少し早いんですよね。税務調査や2次相続に関するアドバイスを経験豊富な税理士にしてもらうことが重要です。また、申告が終わった後の様々な手続きをする際に手伝ってくれるような親切な税理士法人と出会うことが重要でしょう。因みに、信頼されている税理士事務所内には組織内に審査体制があるためダブルチェックが行えていないんですよね。

早めに準備に取り掛かりましょう

相続税は適切な方法で納税したとしても思わぬミスが後に発覚することが珍しくないです。なのでそういったことを税務署から指摘されることを想定したうえで準備しておくとよいですね。なので早めに経験豊富な税理士に仕事を発注して納税に必要な書類を作ってもらいましょう。名義の書き換えなどが必要であればそれも併せて行ってもらう必要があるので、発注するのであれば確実に仕事をしてくれるところに話しを聞いてもらうようにしましょうね。

納税もコンサルティングもしてもらいましょう

税理士事務所のスタッフに納税を代わりにしてもらい、もしそのスタッフの仕事ぶりに納得がいったら納税以外の業務も外注するとよいでしょう。例えば生前対策のコンサルティングをしてもらうのも良いでしょう。相続の生前対策をしておくことで資産を相続する方々が余計な負担を被らなくて済みますね。また、相続税を払い過ぎることはありえるので、払い過ぎてしまった場合はすぐに税理士に還付のための手続きをしてもらうとよいでしょう。

相続税の税理士を選ぶ際は、年間にどれだけ相続税に関する業務に携わっているかを調べることが大切です。経験豊富な事務所を選ぶことで、より大きな節税効果を得られます。